【新入生必見】大学で出席なしの授業を取ると簡単に単位を落とす3つの理由

大学の授業は主に

・出席、レポートがあって試験もやる授業

・出席と試験だけの授業

・レポートと試験だけの授業

・試験だけの授業

の4つに区分される。そしてこのうち、出席のない授業を取りすぎるとやる気をなくして成績が下がり、簡単に単位を落としてしまう。

これはあなたの問題ではなく、はっきり言って自然の摂理だ。

そこで今回は、なぜ出席のない授業を取りすぎるとやる気がなくなっていくのか、どのような授業を取ればいいのかを、現在大学生の私が体験談とともに紹介したいと思う。

履修登録に悩む新入生はぜひ読んで欲しい。

落とす理由①どんなにやる気があっても、出席を取らなければ周りのやる気がない

「無気力なミンゴ女子無気力なミンゴ女子」[モデル:たけべともこ]のフリー写真素材を拡大

はっきり言って出席がない授業のほとんどの場合は全体のやる気が低い

ここでいう「やる気が低い」というのは授業中に寝てるやつがいるとかそういうレベルではなくて、そもそも半分以上の生徒が授業に来ない、来ていてもみんなスマホをいじっていて勉強している人がほとんどいないとかそういうレベルの「やる気が低い」だ。

当然そんなお葬式みたいな環境だと勉強する気なんて起きないし、そのうち自分もスマホをいじるか授業に出なくなる。

ちなみに私の場合大講堂でやる授業でこの手の授業を引いてしまい、かなりやる気のない時間を過ごした。

やる気がない人たちと一緒にいると自分も元気がなくなるので、この手の授業はなるべく避けたほうがいいと思う。

落とす理由②出席のない授業を取る人は大体成績が悪い→テストであてにならない

「おいてめぇ何見てんだよおいてめぇ何見てんだよ」[モデル:たけべともこ]のフリー写真素材を拡大

また、出席のない授業を選択する半分くらいの人は大体成績が悪い

出席のない授業ではほとんど学校に来ないで遊びまくって感じの人が多く、大概テストの前にはそういった嫌な感じの人たちがいきなり授業にきてノートをせびってくる。

「一度も会ったことなかったけど一緒の授業受けてたんだから俺たち友達だよな!!!ノート見せてくれよ!!」

こういう人たちと話していても試験対策などできるはずがないし、最悪別の授業でもたかられるのがオチだ。こういう輩と関わりたくなかったら出席のある授業を取ろう。

ちなみに、こういう輩はマジでいる。実話だがうちの大学では女の子にナンパも含めてノートをせびる男もいたので女の子は特に気を付けて欲しい。

落とす理由③出席のない授業は先生のクオリティも低い

また、出席のない授業は先生も大してやる気がない

やる気がある人だったら出席取ってやる気のある生徒を授業に集めるが、自分の研究に集中したい、大学生なんて遊んでればいいという考え方の人の授業は非常に退屈だ。

そうなってくると先生も生徒もやる気がないという地獄のような環境が生まれるので、やはりなるべく出席のある授業を取ろう。

ちなみに、ちゃんと教える気があり、毎回出席を取るタイプの先生の授業はマジで面白い。

親の払った学費の分勉強したいという気持ちがあるのなら、履修申告の段階でそういった先生に狙いをつけることをおすすめする。

授業に出てなかったら普通に単位は落ちる

上の落とす理由①~③の結果、ほとんど授業に出席しないまま試験を迎えると、かなりの確率で単位を落とす

別に友達や先輩にノートを借りればいいと思うかもしれないが、一夜漬けで半年分の理解をすることはかなり難しい

正直私は付け焼き刃で高得点を取れたことはないし、そうやって他人に頼っていた結果今まで3つも単位を落とした。

遊びたい気持ちもわかるが、人生はそんなに甘くないので出席のある授業を多めにとることをおすすめする。