大半の大学生がブログで生活費を稼ぐのは無理だと思うたった1つの理由

大学生になってバイトを経験してみたけど、とてもやっていけるとは思えない・・・。そうだ!ブログで生活費を稼げるようになれいいんだ!

そう思って、ブログを始めてみる人は多いと思います。

しかしブログで月1万円を稼いでいる私から見ると、お金を稼ごうとしてブログを書く大学生がブログで食っていくなど、到底できないと思います。

せっかくブログに熱が傾いている人には水を差してしまいますが、大学生ブロガーの先輩として、どうして大学生ブロガーで食っていくのが難しいのか紹介していきたいと思います。

ちなみに、この記事を書いている私は投稿時点でブログ歴8ヶ月、月間20000pvのブログ運営者です。(←これ後ですごく重要!)

普通の大学生にはブログで書けることが少ない→稼げない

大半の大学生が稼げないたった一つの理由、それはほとんどの大学生にとってブログで稼げるようなネタがないからです

ちょっと抽象的な表現ですが、ようするに

他人が金を出してまで欲しい情報を持っている大学生は、ほとんどいないのではないでしょうか。

例えば月収100万円のブロガーが出したnoteはみんな買いますし、2ヶ月で10キロ痩せることができた体験記に、痩せるきっかけになったダイエット食品の広告を貼れば、アフィリエイトでバンバン売れていくと思います。

アフィリエイターでも売る商品を実際に使ってみたり、魅力を相当研究して文章に落とし込まないと、読者は中々買ってくれません。

このようにブログで稼ぐとは自分の経験値を売ることに近いのですが、大学生ブロガーがこの”売れる”経験値になりうるものを持っている可能性は年齢的にかなり低いです。

seoとかブログの書き方に関する知識をいくら蓄えても、肝心のネタがないのでは、あまり意味はありませんよね。

月1万円を稼ぐ私の収益化の構造

ちなみに、月1万円を稼ぐ私のブログの収益化構造は、有料noteの販売です。

私は高校時代に諸事情で転学をしたことがあったのですが、インターネット上のどこを探しても転学に関する情報はほとんどありませんでした。

高校転学は小学校の転校と違って普通に試験もありますし、試験の難易度もあまり知られていません。

そして試験に落ちたら高校を退学になってしまう恐れがあるので、これは需要があると思い転学試験の内容や手続きの裏話などをnoteにまとめて2000円で販売したところ、毎月5本前後売れるようになりました。

また、アドセンス広告しか貼ってないないのですが、私の体験談を含む受験系の記事を書いてpvが上がってきたので、今では毎日100円がアドセンスで稼げるようになりました。振込時期が合えば月2万も見えてくると思います。

他にも細かいアフィリエイト収入はありますが、基本的にはnoteのように私の経験がお金を生んでくれています。

大学生ブロガーとしてtwitterで拡散して無理やり読ませるのは良くない

ただ、書けることが少なくても自分の記事を他人に読んでもらえばアドセンスの収益は入ります。

seoも何もないのですぐに読まれなくなりますが、

「平凡大学生、ブログ始めました!」「僕が将来やりたいこと100選!」

とかいうタイトルで自分の経歴と意気込みを載せた記事をtwitterで拡散すれば、賞賛・応援のコメントともにそこそこお金は入るでしょう。

気前のいい人は貼ったアドセンスをわざわざ踏んでくれるかもしれません。

しかしその拡散はいわば同じブロガー達のお情け、馴れ合いのリツイートなのです。

きつい言い方ですけど、twitterでフォロワーを集めて無理やり拡散しまくるのは乞食と変わらないので、やめておいたほうがいいと思います。

需要がない記事を無理やり供給してお金を稼ぐとか、そういう生き方したいですか?私は嫌ですね。

あと、twitterで他人と関わりすぎると同調圧力がかかって自分の書きたい記事が書けなくなるので、私はtwitterであまり発信をしていません。

別にtwitterを使わなくても月間2万pvまで行けたので、「twitter嫌いだわー」って人はtwitterを使わないでブログだけ頑張りましょう。

長くブログで読まれる・稼ぐ記事を作るには、経験値が必要だ

ここまで説明してきた通り、読まれるブログ・稼ぐブログを作るためにはそれなりの経験値と実績が必要です

この記事だって、月間2万pv、収益1万円の大学生ブロガーという実績があるから読む価値が発生しています。

もしこの記事を月間500pvとかのブロガーが書いてたら誰も読みませんよね?そういうことです。

何度でもいいますが読まれるブログを書くにはそれだけ読者に読み応えのある記事を書く必要があるのです。

既に経験値があるのなら、それをブログに書こう

ただ、普通の大学生でも休学経験があるとか、昔珍しい病気にかかったとか、そういうレアな経験があるのでしたら、ブログに書いてみることをおすすめします。その記事に読む価値はありますから。

もし相当レアで、必要としてくれている人がいると思うのなら、私のようにnoteにして収益化してもいいかもしれません。

また、普通の大学生でも受験勉強に関する記事は非常に読み応えがある記事を書くことができるとおもうので、最初は受験ネタを責めてみることをおすすめします。

受験ネタは金にならないんですけど、普通の大学生が持ってる中で一番大きな財産だと思います。私はこの受験ネタを責めたことで毎日100円が入ってくるくらいまでpvが伸びました。

ブログで生活費を稼げるほどの経験値を普通の大学生のまま積むのは難しい

私はとにかく自分の中の経験をブログに書いてpvを2万まで伸ばしました。

しかし今思うのは、このまま”ただの大学生として”ブログを書いてても大して収益は上がらないな、ということです。

受験ネタだけで生活費稼ぐとか無理ですからね(笑)

ですから、今の目標は大学生ブロガーからの脱却です。

私はブロガー以外にもフリーランスエンジニアを目指して勉強しているので、それで本格的にお金が稼げるようになったら、そのネタを記事にしていこうと思っています。

別にエンジニアじゃなくても、もっと自分が好きな分野(海外サッカーとかアイドルオタクとか)があるんだったら、そっち方面の評論ブロガーに転身してもいいと思います。

大学生ブロガーのままでいても、お金を稼ぐのは難しいですよ!