匿名で炎上しても、3ヶ月ほどで誹謗中傷が気にならなくなる話

ネットの世界で叩かれた時の対処法とその後の回復の仕方

この記事で書いた通り、以前私のサブ垢が炎上、閉鎖に追い込まれた。で、そのアカウントに対する誹謗中傷は検索すれば出てくるのだが、これが全くもって気にならない。

虚勢を張っているのではなく、冗談抜きで気にならないのだ。だって人ごと(?)だから。

むしろいい年こいた大人がこんなくだらないことによく首を突っ込むなあと、傍観者のつもりでみている。完全に自分を棚に上げてるけどだってもう自分じゃないんだもん。

そりゃ炎上した直後はまだ自分が当事者だから誹謗中傷を浴びるたびに心が傷つくけど、アカウント捨てて別のアカウント運用し始めたら所詮他人事になる。

アンパンマン理論というのも変だが、顔を変えてしまえば勇気100倍だ。これが何を意味するかというと、炎上してから2ヶ月くらい感じていた誹謗中傷への恐怖がなくなったということである。

あの頃は検索するのがとても怖く、スマホを開くのすらままならなかった。

でも時間が立ってきたおかげで、この世から怖いものが1つ減ったのだ。これより嬉しいことはない。

目安としては3ヶ月くらい?で、アカウントを運用していた当時の自分から新しい自分に切り替わるんだと思う。もちろん時々昔の自分に切り替わる事もあると思うけど、そういう時は見なければいい。

これからは恐らく誹謗中傷されるのが怖いから見ない、ではなく単に興味がないから見ないという風に変わっていくと思う。普通昔の炎上なんて掘り出さないからね。

ただ、自分がやったことの恥ずかしさは忘れられない

批判が気にならなくなったとはいえ自分の軽率な発言で炎上を起こした事実は事実だ。

ぶっちゃけ自分の失敗も誰が書いたかわからない。けど、自分が書いたから読むのはやっぱり恥ずかしい。

誰が書いたかわからない文章だしまあいっかーでほっぽりだしてもいいけど、次に炎上を回避するためにも自分がそれを書いたという事実は忘れずにいて置くべきだと思う。

まあ、個人特定されなければ炎上しても3ヶ月くらいで立ち直れますよ、ということだ。